一歩進んだランチェスターで戦略

的確な指標として三つの数値

現代のビジネス構想でランチェスターは欠かすことの出来ないものと言えます。
事業成功のためのヒントを「一歩進んだランチェスターで戦略」で見つけてください。

 

的確な指標としてランチェスター戦略モデル式から三つの数値を導き出すことが出来ます。

 

まずどういう力関係の時にモデル式が敵味方の生産率の比が一定である場合総戦力の比が均衡するかを計算すると、2つの73.9パーセントという数値と26.1パーセントと言う数値が得られます。

 

そして41.7パーセントという数値が敵味方の総戦力の比が一定であると見た場合導き出されます。独占的条件 シェアとも73.9パーセントと言う数値は呼ばれていて、国際線におけるに日本航空のような立場です。74パーセントの国内会社の中で強いシェアを誇っています。絶対的にこの地位は、安全と なる数値です。

 

100からこの73.9パーセントを引いた26.1パーセントと言う数値は劣性の上限というべきいわゆる数値で全国粗鋼生産実績(94年度)から 見る新日本製鐵のシェアの数値です。ちなみに世界最大の新日本製鐵は製鋼メーカーです。強者の最低条件を示すこの数値は、数値であります。しかし一位と いってもシェア争いは不安定でまだ終わっていないことを示しています。NKKや住友金属工業の頑張りによって従って新日本製鐡もおちおちしていられませ ん。

 

しかし、ここにあげた企業は、大きな会社ですが、小さな地域を攻略対象にして小さな企業の場合は小さなマーケットでもいいからとにかく一つでも圧倒的に強いナンバーワンを作っていくことが基本であります。
販売における必勝の戦略と戦争における戦略法則であるランチェスター理論を置き換えて考えると面白いです。考えてみてください。

 

意外と理解しているようで知らないのがランチェスター戦略に関することで、正確な情報をまず最初に集める必要があります。
インターネットを参考にしてパソコンや携帯電話などでコンテンツSEOの情報収集をしてみてください。

 

「実際のところランチェスター戦略についてあまり理解していないんだけど…」と悩んでしまっている方もいるでしょう。
コンテンツSEOについて知らなくても全く問題なく、まず最初は口コミ情報やコンテンツSEOの情報サイトを参考にされてみてください。

 

知っているようで意外と知らないのがランチェスター戦略であり、基礎知識をまず最初は勉強することが大切です。
ロングテール戦略を何も知識を持っていない状態で調べましても意味がありませんので、ロングテール戦略をインターネットで検索しましょう。